睡眠相後退症候群

睡眠相の後退

睡眠と覚醒のサイクルが24時間以上になると、睡眠時間が後ろにずれていく。それでも同じ時間に起きようとすると、睡眠時間が短くなり、心身に不調をきたしやすくなる。

以下は、2017年4月の睡眠日誌である。睡眠と覚醒のサイクルが約24時間10分になっており、1ヶ月で約300分、5時間睡眠相が後退している。仕事が休みになる土日にはとくに睡眠時間が長くなり、遅い時間までずれ込んでいる。

f:id:ininsui:20180101101430j:plain

仕事を午後にシフトしていたので、かろうじて12時ぐらいに目覚まし時計をかけることで働くことはできていたが、翌5月には、さらに睡眠相の後退が進み、仕事にも支障が出始めた。

国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病第三部の心理検査を受けたのが4月の4日と26日だったが、前後の日より約3時間早起きしており、そのぶん睡眠時間も短く、コンディションが悪かった。

じっさい、4日の午後の検査では検査中にパニック発作を起こすという、非常に苦しい事態となった。ちょうど記憶の検査で、遅延再生の時間待ちの閒の時間だったので、充分に休むこともできなかった。

睡眠相の後退について、つい夜更かしをしてしまうなど、生活習慣上の心がけという問題もあるが、朝よりも夜のほうが作業がはかどるといった背景には、遺伝的な体質も関係しているのかもしれない。

朝型/夜型を決めるというNPSR1遺伝子は、私はAAで朝型、CLOCK遺伝子はAAで、これも朝型であり、症状と食い違っている。多数の遺伝子が朝型/夜型という形質に関わっているのかもしれない。

光療法

6月には、医師の勧めもあり、朝11時(というのは、だいぶ低い目標)から1時間、強力な光を浴びる、光療法を始めた。購入したのは、ブライトライトMEプラスという機種である。しかし、自宅での自己流の方法では7月にうまく行かなくなった。

8月には検査もかねて国立精神・神経医療研究センター病院に入院することになり、それでようやく睡眠相後退を一時的に止めることができた。

10月には退院したが、しかし11月には再発し、12月にはまた晴和病院に入院することになった。

f:id:ininsui:20120419150650j:plain

晴和病院では、二階の光療法室にフィリップスのgoLITE BLUが設置されている。

f:id:ininsui:20120419150758j:plain

青色LEDを私用することで、蛍光灯型より、さらに小型化されている。波長が短い光のほうがエネルギーが強いので、効果的である反面、直視すると網膜を傷めるという欠点もある。

f:id:ininsui:20171215080246j:plain

病室は四階だったので、けっきょく自前のブライトライトを持ち込んで使った。毎朝8時の朝食の時間に光を浴び、ふたたび睡眠相の後退を止めることができた。ただ、それが光療法の結果なのか、入院という規則正しい環境のせいなのかは、わからない。

退院後の現在も、自宅でブライトライトを使い続けている。


(2018/01/01 作成 01/02 更新 蛭川立