読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛭川研究室

蛭川研究室の「はてなブログ」版です

パーソナリティと遺伝子

5因子モデル

心理学では、様々なパーソナリティの特性論・類型論が論じられてきたが、因子分析による研究が進むにつれ、ゴールドバーグの特性5因子論(big five)が標準となってきた。

経験への開放性 Openness to experience
誠実性 Conscientiousness
外向性 Extraversion
調和性 Agreeableness
神経症傾向 Neuroticism

以上の5因子は、頭文字をとってOCEANと呼ばれることもある。ビッグファイブは特定の理論から演繹されたものではなく、帰納的、経験的に構成されている。

クロニンジャーの7因子モデル

ビッグファイブに対し、クロニンジャーの7因子モデルは、遺伝的な要素の強い4個の「気質」と、後天的な要素の強い3個の「性格」を仮定した理論的、演繹的なモデルである。

気質 Temperament 関連する神経伝達物質
新奇性探究 Novelty Seeking ドーパミン
損害回避 Harm Avoidance セロトニン
報酬依存 Reward Dependance ノルアドレナリン
固執 PerSistance
性格 Character 志向の対象
自己志向性 Self Directedness 個人
協調性 CoOperaiveness 社会
自己超越性 Self Transcendence 宇宙

このうち、気質の4番目の因子である固執は、報酬依存から派生したものである。7因子の妥当性は、質問紙(TCI: Temperament and Character Inventory)において、それぞれの因子がほぼ独立であることが確かめられている。(日本語版TCIも作成されている[*1]。)

精神医学におけるパーソナリティ障害は、診断上の必要もあり、クラスタに分ける方式をとっている。クロニンジャーの理論は、パーソナリティ障害をディメンジョンによって評価できる可能性を示唆しているが、このモデルは必ずしも支持されていない[*2]。

遺伝率と遺伝子

ビッグファイブの5因子のすべてが0.4程度の遺伝率を示すのと同様、クロニンジャーの7因子のすべても0.4程度の遺伝率を示すことが示唆されており[*3]、「気質」は先天的で「性格」は後天的という理論も支持されていない。パーソナリティのような心理的個性も、遺伝的な要素が強いことがうかがわれる。しかも、一卵性双生児の知能やパーソナリティは、むしろ年齢とともに似てくるという研究もある[*4]。これは、環境の要因によって異なる発達を遂げるというよりは、資質に合った環境を選んでいくからだという解釈が可能である。多くの子どもは公立の小中学校に進むが、大学や職業においては、多様な選択肢が可能になり、より個性を発揮できる進路が選べるようになると考えられる。

新奇性探求と関連する神経伝達物質として仮定されているのがドーパミンだが、これに対応する遺伝子の多型として、ドーパミンD4レセプターをコードするDRD4遺伝子の塩基の繰り返し数と相関があると報告されたが、その後の追試では完全に確認されていない。DRD4遺伝子のプロモーター部位にあるrs1800955と新奇性探求の相関も指摘されている。CCとCTではTTに比べて新奇性探求得点が高いという。

セロトニントランスポーターをコードする5-HTTLPR遺伝子の塩基の繰り返し数と損害回避との相関はないが、ビッグファイブの神経症傾向との相関は見いだされており[*5]、うつ病などの精神疾患や、民族による頻度の違いなどが研究されている。SNPではrs11867581の、Gに対するAの頻度が、rs11867581の、Aに対するCの頻度が5-HTTLPR遺伝子の繰り返し数に対応している。

一方、報酬依存や固執とはっきり相関する遺伝子は、ノルアドレナリン関係を含め、見つかっていない。ゲノムワイド研究によっても、TCIの四気質のいずれの因子とも関連する遺伝子は見いだされなかったという報告がある[*6]。また、性格の三因子、自己志向性、協調性、自己超越性についても特定の遺伝子との関係ははっきりしない。

いずれにしても、パーソナリティの遺伝率が0.4程度と高かったとしても、それは量的形質であって、2、3個の遺伝的多型によって説明されるものではない。

二つのモデルの相互関係

ビッグファイブの5因子とクロニンジャーの7因子の相関関係について、双生児を対象とした研究では、5因子論の開放性と7因子論の自己超越性は相関するが、一方で開放性は知能とは正の相関があるが、自己超越性は知能とは負の相関があるという結果が得られている[*7]。


記事の信頼性 ★★★★☆
2016-11-28 作成 2017-05-06 更新 蛭川立