蛭川研究室

蛭川研究室の「はてなブログ」版です

仮想現実と心物問題

シミュレーション仮説

物質と精神の関係において、近現代科学は唯物論(物質が精神に先立つ)または実証主義(物質と精神のどちらが先立つかの判断を保留する)の立場をとる。唯心論(精神が物質に先立つ)は過去の思索の遺物として顧みられないように思われる。

一方で、コンピュータ技術の発展により、ヴァーチャルリアリティ(virtual reality: VR 仮想現実)が「現実」化しつつある。ハードウエアは物質だが、それが生み出す仮想世界には物質的実体はない。しかし、いったん精巧な仮想世界に没入してしまったとすると、すべては仮想世界だという主観的体験は反証できなくなる。すでにこの世界がコンピューター・シミュレーションだという、シミュレーション仮説は、2003年にボストロムによって唱えられた。もしこれを真面目に受け取るなら、それを実験的に反証するのは難しい。

このことは、脳は物質だが、夢には物質的実体はなく、しかし、いま目の前に展開している世界が夢かもしれないという可能性を反証できないのと同じである。夢の場合、「これは夢だ」と気づくこと(明晰夢)によって、夢が現実ではないことを知ることができるが、同じように、この世界がシミュレーションだということに気づくことは可能だろうか。

www.youtube.com

『MATRIX』(1999)

映画『MATRIX』三部作の第一話では、人間を支配しているコンピュータが作り出している仮想世界が牢獄にたとえられる。これは、古代ギリシアにおけるソクラテスプラトンイデア論的世界観を背景としている。第二話の『MATRIX RELOADED』(2003)では、自由意志と決定論がテーマとなる。そして第三話の『MATRIX REVOLUTIONS』(2003)では、前二作ほど世界観は深められていないが(第二弾以降というのは、えてしてそういうことになりがちである)その内容は、古代インド哲学に接近していく。エンド・クレジットの背後に流れるのはジュノ・リアクターの『Navras』であり、その冒頭の歌詞「asato mā sadgamaya, tamaso mā jyotirgamaya, mṛtyormāmṛtaṁ gamaya(我を仮構から現実へと導け。我を闇から光へと導け。我を死から不死へと導け。)」という一節は、『ブリハドアーラーニヤカ・ウパニシャッド』の中で、サイケデリックスを有効成分とする薬草ソーマに対して捧げられる賛歌である。

www.youtube.com

VR技術(執筆中)

1990年代前半に、VRの技術が現実化する。このころを振り返って「第一次VR元年」と呼ばれることがある。

www.youtube.com

1997年に東京大学インテリジェントモデリングラボラトリ(廣瀬通孝研究室)で開発されたCABIN (Computer Augmented Booth for Im- age Navigation)。(撮影は2000年8月)。明晰夢の中で意識的に空を飛んでいる感覚に似ている。

2010年代後半が「第二次VR元年」と呼ばれるようになってきている。VR装置のコストが、一般消費者が購入できる価格に低下しつつある。

f:id:ininsui:20161217034824p:plain

Oculus Rift Cv1を用いた三次元宇宙シミュレーション「Mitaka for VRの中に入り込み、土星の輪を撫でる(2016年11月、三鷹ネットワーク大学)。

国立天文台三鷹で開発されたMitakaは、あたかもシミュレーション仮説のように、仮想世界の中に(観測可能な)全宇宙を作る試みで、ユーザーは直径300億光年の世界を自由に行き来できる。これは、「4D2U」のようなプラネタリウムで投影されるだけでなく、普通のパソコン上の画面上でも動かすことができるが、さらに、Mitaka for VRはOculus RiftやHTC Viveのような個人向けVR装置で使用することもできる。


Oculus Rift cv1

Oculus RiftとOculus touchの組合せ

しかし、いくらハードウエア技術が進んでも、コンテンツを「現実」世界の人間が作っているかぎりは、その内容は制約を受ける。他者や物理的な脅威の存在しない世界で、わざわざ作り出した敵と戦うゲームをプレイしたり、である。一方で、アダルトコンテンツなどもえてしては発想は凡庸になりがちだが、これは、現実世界での人間の生殖に具体的に介入してくる。

ヴァーチャルなコンテンツ自身は、絵画や文字の発明にまで遡ることができる。絵画の起源は5万年以上前に、文字の起源は5000年以上前に遡る。文字は高度な情報圧縮技術であり、それを「解凍」するためには一定の技能を習得する必要がある。たとえば俳句はわずか17文字、34バイトの情報量だが、そこに視覚や聴覚などの感覚情報、思考や感情などの大量の情報を圧縮して保存できる。

そう遠くない将来、たとえば2045年に人間がコンピュータに乗っ取られるという可能性が指摘されているが、それは、たとえば2045年の年明けに突然起こるのではなく、そのプロセスは何万年も前に始まったもので、現在、加速しながら、徐々に進行しつつある。

(2016-12-17 作成 2017-06-10 更新中 蛭川立