読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛭川研究室

蛭川研究室の「はてなブログ」版です

不思議現象の心理学(西暦2017年度)

講義概要

昔の人々は雷が鳴ったり火が燃えたりすることを「不思議現象」だと考えたのかもしれない。物理学や化学が発達した現代では、電気は不思議現象ではなくなったどころか、もはや電子機器なしの生活など考えられない。テレパシーや念力など、現在、「超常現象」だと思われていることも、科学が発展すれば「通常現象」になってしまうのかもしれない。じっさい、二十世紀以降に発達してきた量子力学などの現代物理学によって、旧来の自然法則に反するような現象も説明できるという可能性が唱えられるようになってきた。しかし、そうやって疑似科学を正当化しようとしているのだという批判もある。

太古の時代より、人間は普通の自然現象の中に過剰な意味を読み取り、超自然的な世界を構成してきた。意味のない夢をお告げだと解釈したり、岩肌の凹凸に顔を見いだして崇拝したりする。不思議現象とされるものの多くは、錯覚や認知バイアスの産物である。しかし、理屈では当たらないと思っていながらも占いを気にしてしまうのも事実である。気まぐれな偶然が支配する世界から脱するために、人間は世界に秩序を見いだそうと努力してきた。錯覚や迷信には、心の安定、社会の維持、あるいは創造性の発露といった、適応的な意味があって進化してきたという積極的な側面もある。たとえば、環境や社会の、良い方向への変化よりも、悪い方向への変化に敏感であるほうが、厳しい環境で生き延びるのには有利だっただろうし、それは社会変革の原動力にもなる。そのような認識から、「昔は良かった」論が発生し、さらには、世界の終末が近づいているといった妄想さえ形成される。そうした知覚や認知の心理学、その背後にある脳や神経のはたらきについても概観する。

また、客観的な科学がいくら進歩しても、心や意識のような主観的体験を説明することはできない。心理学は、心という主観的な現象を客観的な科学として扱おうとするジレンマを抱えながら発展してきた。曲がれという意志でスプーンが曲がれば「超常現象」だとしてその真偽が議論になるが、曲がれという意志で指が曲がるのは、あまりにも当たり前の「通常現象」だから議論にもならない。しかし、指を曲げようとしている意識それ自体は、科学がいくら発展しても、その客観的な居場所を示すことができない「不思議現象」なのである。意識が脳の働きと関係しているのは事実だが、脳を解剖しても意識という「モノ」を取り出せるわけではない。こうした原理的な問題についても議論したい。

講義計画

講義はライブである。とくに西暦2017年度は新しいカリキュラムの初年度でもあり、必ずしも公式のシラバスどおりには進まないかもしれない。以下の講義計画は実際の授業の進行に合わせて随時アップデートしていくので、こまめにチェックすることをお勧めする。

日程 テーマ 内容
01 脳の中の幽霊(導入)
02 心霊研究から超心理学 西洋における心霊研究とスピリチュアリズム
心理学の「影」としての超心理学
03 心理学と統計学 行動主義心理学
統計的検定と反証主義
04 共時性・テレパシー・関係妄想
05 ヒーリングと偽薬効果
06 錯覚と認知バイアス
07 陰謀論と終末論
08 精神疾患と幻覚・妄想  
09 記憶・予知・自由意志
10 知覚と透視
11 念力と筋力 スプーン曲げはトリックか?
なぜ念力は超常現象で筋力は通常現象なのか
乱数のゆらぎ
12 心物問題と意識科学 心物問題の哲学史
意識の脳神経科学
13 現代物理学の世界観 近代物理学から現代物理学へ
量子力学は「超常現象」を説明できるのか
14 科学・未科学疑似科学
15 期末試験


(2016-11-05 作成 2017-01-08 更新 蛭川立