読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛭川研究室

蛭川研究室の「はてなブログ」版です

人類学A(西暦2017年度)

講義概要

人間は、解剖学的構造や生理学的機能において他の動物と変わるところはない。しかし人間は、文化を持つ動物である。集団を作り生殖を行うという動物的な行為を、親族や婚姻といった象徴的な概念によって改めて意味づけする。とりわけ、芸術や宗教などの精神文化は特異なものである。人間だけが歌い、踊り、描き、そして祈る。それは動物的生活からの解放であると同時に、動物的生存を否定する力にもなりうる。前者は発展して科学的思考になったが、原始の呪術的思考は現代においても無意識の領域で活動を続けており、それは精神疾患という歪められた形で表出することもあれば、現代美術や現代音楽を生み出す創造力ともなってきた。

四十億年におよぶ生命史の中で、なぜ人間だけが他の動物とは異なる存在になったのか。その違いはどこから始まったのか。進化的な起源をたどる一方で(おもに人類学Aで扱う)、脳の構造や機能という観点からも考察する(おもに人類学Bで扱う)。

人類学Aでは、まず人類の進化史を振り返り、人間が文化を持つようになり、その文化によって世界をいかに秩序づけようとしてきたのかを考察する。婚姻、親族、経済、暦法などを概観しつつ、より抽象的な精神文化である、芸術と科学へと話を進める。

人類学は人間を研究する学問であるが、対象としている人間の範囲が他の諸分野より広い。各地の少数民族や、遺跡や化石にしか痕跡をとどめていない過去の人々、あるいは近縁の霊長類までも視野に入れる。人類学は自然科学に属する自然人類学と、人文科学・社会科学に属する文化人類学社会人類学に分けられるが、学際的な学部での講義であることも鑑み、自然人類学を基盤にしつつも、文化人類学社会人類学の視点も取り入れながら、総合的に議論を展開する。

また、現代のグローバル化する社会では、開発と貧困、民族問題と宗教紛争などに対応する、応用人類学の重要性が増しつつあるが、それらの問題については、より社会科学的な内容を扱う、別の講義で併せて学ぶことをお薦めする。

対象としている人間集団の範囲が広いため、あまり馴染みのない地域や時代も取り上げるが、おもに蛭川が実際に訪れたことがある場所で、遺跡なども含め、適宜、自ら撮影した写真や動画も併せ、視覚的、聴覚的イメージも交えながら講義を進めていきたい。

春学期の人類学Aと秋学期の人類学Bは、内容に重複もあるが、独立の科目である。人類学Aと人類学Bは単独でも受講できるが、春学期のほうで人類進化の基本を扱うので、両方を受講するのであれば、人類学Aから人類学Bの順で履修したほうが、より理解が深まるだろう。

講義計画

講義はライブである。とくに西暦2017年度は新しいカリキュラムの初年度でもあり、必ずしも公式のシラバスどおりには進まないかもしれない。以下の講義計画は実際の授業の進行に合わせて随時アップデートしていくので、こまめにチェックすることをお勧めする。

→蛭川担当の講義について
http://hirukawa.hatenablog.jp/entry/2016/11/08/000000

日程 テーマ 内容・地域
04-13 宇宙・生命・人間(導入) 宇宙の進化・生物の進化
人類学という視点
Powers of TenとCosmic Calendar
宇宙論的空間のスケール
宇宙論的時間のスケール
進化論的時間のスケール
地球生物の分類と人間の位置
04-27 人類の進化と大脳化
現生人類の拡散 人種・民族・文化
遺伝子からみた日本列島民の系統
日本列島の歴史年表
遺伝子検査
05-04 (祝日)
05-11 有性生殖と配偶システム
05-18 交換としての婚姻 古代日本のイトコ婚
  オーストラリア先住民の親族構造
05-25 呪物としての貨幣 ミクロネシア
06-01 言語・文字・数字  
06-08 時間と暦法 配石遺構の用途
古代マヤ文化の記数法と暦法
06-15 象徴的分類 インドネシア・バリ島
    陰陽五行のコスモロジー
現代社会における「自然崇拝」
06-22 芸術の起源 洞窟壁画
縄文時代の土器と土偶
06-29 原始美術と現代美術 オーストラリア先住民美術史
原始美術への回帰
07-06 憑依から舞踊へ インドネシア・バリ島の音楽と舞踊
07-13 数学・音楽・天文学 古代ギリシアの科学と哲学
  近代科学的コスモロジーの形成
07-20 近代科学と民族科学
07-27 定期試験  


(2016-12-25 作成 2017-04-27 更新 蛭川立