蛭川研究室

蛭川研究室の「はてなブログ」版です

向精神薬の歴史(科学は合理的に進歩しない?)

  • 主な向精神薬の開発史を表にまとめると、以下のようになる。
1804 モルヒネの単離 地中海のケシから
1855 コカインの単離 アンデス先住民のコカから
1893 メタアンフェタミンの合成 漢方のマオウに含まれるエフェドリンから(日本で)
1897 メスカリンの単離 メキシコ先住民のペヨーテから
1903 バルビツールの合成 最初のバルビツール酸系睡眠薬
1938 LSDの合成 最初の合成サイケデリックス(子宮収縮作用物質の合成の途中で発見)
1948 リチウムの抗操作用の発見 躁うつ病患者の尿中の尿酸を水に溶かすためにリチウム塩にしたとき
1950 クロルプロマジンの合成 最初の狭義の抗精神病薬(麻酔の併用薬として)
1952 イプロニアジドの抗うつ作用の発見 MAOIによる結核の治療薬から
1955 ベンゾジアゼピンの合成 放置されたまま二年後に作用が発見される
1956 イミプラミンの抗鬱作用の発見 クロルプロマジン様の三環系薬物による抗精神病作用の試験から
1972 フルオキセチンの合成 最初のSSRIの合成
1982 オランザピンの合成 最初の実用的な非定型抗精神病薬1990年に承認

19世紀の抗精神病薬は、世界各地で使われてきた伝統的な薬草から単離された。20世紀に合成された主要な向精神薬は、他の目的の薬を合成する過程などで、たまたま作用が発見されたものが多い。科学上の発見とされるものが、発見されたときにはかなりの偶然で起こり、後から振り返ると進歩だったと見えることが多いことが、向精神薬の開発史からも伺える。

20世紀後半以降、神経科学は急速に進歩したが、精神疾患の機序を分子レベルで解明し、さらにその治療のための薬を計画的に開発するということには成功していない。1972年に合成された最初のSSRIであるフルオキセチンも、最初は何に効くのかよくわからなかった。うつ病セロトニンの不足によるものだという仮説を確かめる形で「プロザック」という商品が発売されたのはようやく1988年になったときであった。

(2016-07-20 作成 11-04 更新 蛭川 立)