外部サイトへのリンクと引用について

本文内でのリンクの張りかた

本文内で、黒字の下にアンダーラインがある部分は、はてなキーワードへの自動リンクです。

とくになにも断らずに大事な語句が青字になっているのは、原則としてWikipediaへのリンクです。

カギ括弧のついている青いリンクは、この蛭川研究室ブログ自体の別のページへのリンクです。たとえば「統計的仮説検定の考えかた」のような具合です。

その他のサイトへのリンクは、随時その旨をことわり書きしています。

はてなキーワード

はてなブログ」上にテキストをアップすると、特定の語句には、はてな独自のオンライン辞典である「はてなキーワード」に自動的にリンクが張られます。デザインにもよりますが、その語句にはアンダーラインが引かれます。

記事を書くと自動的に辞典にリンクが張られるというのは、なかなか良くできた仕組みなのですが、はてなブログはてなダイアリーの執筆者たち自身がボランティア的に書いている「はてなキーワード」は、まだまだ発展途上にあり、とくに学術用語についての記述は不十分なものが多いのが現状です。とはいえ、キーワードに関連するブログ記事や書籍のリストが表示されるなど、はてなブログならではの立体的な仕組みも面白いものです。また、はてなキーワードから二次的にWikipediaにもリンクが張られています。

Wikipedia

Wikipediaは、WWW上で事実上の標準となっているハーパーテキスト事典です。その内容は、同様の仕組みで作られている「はてなキーワード」よりも、とくに学術用語の分野では、はるかに充実していますが、それでもその記述は完全ではありません。著者名が明らかな、専門家が記述したテキストよりも信頼性が低いということは考慮する必要があります。

それでもなお、このブログからは積極的にリンクを張っています。特定の概念についての大まかな意味を知るのにはとても便利だからです。Wikipediaの記述の信頼性については議論がありますが、いずれにしても重要なことは、完全な情報を求めることではなく、情報を批判的に利用することでしょう。

引用文献

引用元の文献など、本文中に書くと冗長になってしまう補助的な情報は、注釈にして本文の下のほうに番号順に列挙しています。注釈機能も「はてなブログ」の便利な機能です。文献名は、学術論文であれば論文のデータベースに、市販されている図書であればAmazonなどの通販サイトにリンクされています。これは、必ずしもAmazonから本を購入することを誘導しているわけではありません。Amazonの面白いところは、多くの人が書いた書評を読み比べられることです。

ネット情報の進化の可能性

インターネット上でハイパーテキスト化された情報は、いわば人類の共有財産であり、その重要性は、紙媒体を追い越しつつあります。このブログをパスワードなしで一般に公開していることも、そのような情報の共有化に、積極的に参加するという意味もあります。

しかし、WWWにも欠点はあります。情報の洪水の中では、地味で正確なものよりも、表面的に面白いものがもてはやされ、量が質を凌駕してしまうという問題があります。情報の平均は低く、分散は大きくなります。このブログの記事自身も、思いつきを書いているところもあり、内容が学術的にみて正確とはいいがたい部分があるのも事実です。とはいえ、長い目でみれば、間違った内容のものは自浄的に淘汰されていくということもあります。むしろその可能性に期待しています。


(西暦2016-05-12 作成 2017-11-06 更新 蛭川立