蛭川研究室

蛭川研究室の「はてなブログ」版です

明晰夢と体外離脱体験

明晰夢

夢の中でこ「れは夢だ」と気づく体験は、心理学では明晰夢(自覚夢)(lucid dream)と呼ばれる。

日本人の大学生を対象にした調査では、約8割が、一度ぐらいはそういう体験をしたことがあるらしいし、百人に一人ぐらいの割合で、毎晩の夢がすべて明晰夢だという人もいる。そうでないふつうの人も、練習すれば頻繁に明晰夢を見られるようになる。夢の中で夢だと気づくことができると、さらに夢のストーリーを勝手に変えてしまうことができるようになる。自分の好きな場所に行ったり、嫌いな登場人物を消したりすることができる。

夢の中でこれができるようになると、さらに起きている時にも、この世界も実は夢だということに気づくことができるようになり、起きている世界の出来事も自分の意のままに変化させてしまうことができるようになる「らしい」と、ネパールの亡命チベット人修行者から聞いたことがあるが、そこまでは本当かどうかはわからない。彼にはもっとくわしい奥義を聞き出そうとしたのだが、あまりくわしいことは教えてもらえなかった。唯識や中観などの基本的な思想を十分に学ばないうちから、あわてて身体的な行に飛び込むのは、準備体操なしに水の中に飛び込むようなもので、危険だという。

その話を聞いてから三日ほど経った日の晩、カトマンドゥの安宿の、グニャグニャしたベッドの上で、生まれて初めて明晰夢らしい明晰夢の体験をした。

夢の中で、僕はサンフランシスコの坂道を歩いていた。道の両脇には可愛らしいお店が軒を連ねている。

ひとつの店のショーウィンドウに、パステルカラーのお皿や食器がディスプレイしてあるのが目を引いた。そこに置いてある黄色いお皿が欲しくなった。どうせ夢なのだから一枚ぐらいタダでもらってもいいだろう、どうせ夢なのだから……と思った次の瞬間、自分が夢を見ているのだということをはっきりと自覚できた。

いま、自分は夢の中にいる。それならば、お皿を万引きするなどという、つまらないことをするよりも、もっとおもしろいことをしようと思い、道路に出て、両手を上に挙げて思い切りジャンプすると、そのまま空を飛ぶことができた。目の前の自動車を飛び越え、真夏のカリフォルニアの抜けるような青空に向けてぐんぐん高度を上げていくたびに、身体を内側からぐいぐいマッサージされるような不思議な心地よさを感じた。はるか上空から見下ろすサンフランシスコの街は、まるでおもちゃの都市のようにきらきら輝いていた。

一日の睡眠時間を8時間とすると、人生の三分の一を眠りの中で過ごす計算になる。一生を90年弱とすれば、睡眠時間は30年弱になる。だから、睡眠は大事だ、睡眠は健康な生活のために大事だといわれる。心理学に夢の研究は多いが、それは、夢を、起きているときの生活の改善のために役立てるためであって、夢そのものの過ごしかたではない。「現実」は、なかかな思い通りにはならないものだが、夢が明晰夢になれば、30年の睡眠人生は、もっと豊かなものになるだろう。

体外離脱体験

体外離脱体験は、べつに臨死体験の時だけに起こるわけではない。むしろ、寝入りばなの「金縛り」にともなって起こることのほうが多い。体外離脱体験じたいはそれほどめずらしい現象ではない。日本の大学生を対象とした調査では、10人に一人ぐらいの人が、今までに一度ぐらいはそういう体験をしたことがあるといい、さらに体験者の三分の二は、寝ている自分の姿を見ることができたと答えている。

僕自身も、ある夜、ふと目覚めたら、なぜか椅子に座っていて、ベッドで寝ている「自分」の寝顔を見下ろしていた、という体験をしたことがある。

椅子に座っている「自分」と、ベッドに寝ている「自分」のどちらが本当の自分なのかわからなくて、一瞬、混乱したが、そのうちに、椅子に座っているほうの身体が足の先から順々に「溶け」はじめた。息を吸うと止まるのだが、息を吐くと、それにしたがって、まさにとろけるような、微細で深遠な感覚が、身体の中心を、下のほうから上のほうへ、身体を溶かしながら、ゆっくりと昇ってくる。日常的な体験を指し示す言語では表現のしようのない感覚で、「エクスタシー」とはまさにこういう状態を記述するために必要な言葉なのだ、ということがよくわかった。そのうちに手足も胴体も溶けてなくなり、とうとう残るは首だけになった。このまま全部溶けたら「自分」は消えてなくなってしまう。直感的に、すぐに「元の身体」に戻らなければならないと思った。

次の瞬間、「自分」はベッドの上に寝ていた。見上げると椅子の上にはもうだれも座っていなかった。

これはまったく偶発的な体験だったが、世の中には毎晩のように「離脱」してしまう人や、自分が望んだときにはいつでも「離脱」できるという人もいる。そういう人を対象にして、ベッドに寝ていたのでは見えないようなものを「見て」もらうという実験ができる。戸棚の上にある特定の数字を書いたカードを置いておき、ベッドの上の肉体から「離脱」した人がそれを読みとることができた、という結果も報告されている。

体外離脱体験と同じ意味で、「幽体離脱」という言葉が使われる場合もあるが、これは、人間には、肉体とは別の「幽体」と呼ばれる幽霊のような非物質的な身体があって、それが肉体から離脱して単独で行動できる、という神秘主義的な観念がある。この種の非物質的な身体には、幽体のほかにも星気(アストラル)体、微細(サトル)な身体など、いろいろな呼び名がある。微細な身体にたいして、普通の物質的な身体は、粗大(グロス)な身体ともいう。

こうした霊的な身体の観念は世界中に見られる。とくにシャーマニズムと呼ばれる文化の中では、シャーマンという特別な訓練を積んだ人物が、霊魂を肉体から切り離して他界へと飛翔させ、神や霊たちと出会い、病気の原因や失せものを探す。人類学では、シャーマンとは、超自然的な世界と直接交流をして、占いや病気治しなどをする職能者と定義されるが、もう少し心理学的にいいかえれば、シャーマンとは意識の状態を変容させ、日常とは異なる超越的なリアリティを体験し、それによって生理的、心理的、社会的な問題を解決する人物のことだといえる。

このシャーマンの他界への旅を人類学では、「呪的飛翔」「脱魂」「エクスタシー」などという。宗教学者のM.エリアーデは、シャーマニズムを「エクスタシーの技術」と定義している。エクスタシーという言葉は、ふつう、恍惚として意識が遠のいてしまうほど気持ちがいい、というようなニュアンスで使われるが、もともとのギリシャ語「エクスタシス」は「外側に立つ」という意味で、つまりは体外離脱体験のことを示唆している。そして体外離脱体験はしばしば深遠な法悦感をともなうので、そういう感覚をエクスタシーというようになったのだろう。


(→明晰夢・体外離脱体験の脳波

(本文は、蛭川立『彼岸の時間』第6章、第1章から引用して改稿。)


(2016-11-08 作成 2017-06-06 更新 蛭川立