蛭川研究室

蛭川研究室の「はてなブログ」版です

意識の諸状態

四つの意識状態

人間の意識は複数の状態をとりうる。そして複数の意識状態に対応した複数の現実 reality が存在する。たとえば、古代インドの『マーンドゥキャ・ウパニシャッド』は、人間の意識状態を四種類に分類している。

1 「覚醒」状態
2 夢のない睡眠状態
3 夢見状態
4 真の「覚醒」状態

別の意識状態に対応した別の現実があるという考えは、たとえば睡眠中の夢見状態を想定すれば理解できるだろう。もちろん、それは一種の幻覚で、この「覚醒」状態だけが唯一の「本当の現実」だと考えることもできる。しかし、意識体験は原理的に主観的なものであり、眠っていないとき、つまり、いわゆる「覚醒」状態が幻覚ではない、唯一の現実だということは、客観的な方法では確かめられない。客観性を保証してくれるであろう他者もまた、幻覚の中の登場人物ではないとは示せないからである。

古代の神秘思想、とりわけインド哲学などでは、通常の意味での「覚醒」状態ではなく、それとは別の特殊な意識状態(上記の4)こそが「本当の現実」に対応した「本当の覚醒」状態であって、いわゆる「覚醒」状態も、睡眠中の夢も、どちらも一種の「幻覚」であり、そこから醒めなければならないと考える。そして、そこに至る方法が瞑想 yoga だとされる。

変性意識状態

現代の心理学・意識研究では、どの意識状態がもっとも「覚醒」しているのかは問わないが、日常的な「覚醒」状態(上記の1)以外の意識の状態は、変性意識状態 ASC: Altered States of Consciousness と呼ばれる。

「覚醒」状態、夢見状態、夢のない眠りの三つの状態以外に、普通の人間が体験しうる特殊な意識状態としては、明晰夢 lucid dream (自覚夢、覚醒夢)がある。夢の中で「これは夢だ」と気づいている状態である。「金縛り」とも呼ばれる睡眠麻痺 sleep paralysis は、入眠期の夢であり、通常の夢よりも明晰夢に近い。

その他の変性意識状態としては、催眠状態、トランス状態、憑依、脱魂、瞑想状態、サイケデリック体験、臨死体験、エイリアン・アブダクション、その他、精神病や神経症と見なされる体験など、様々なものがある。とくに近代化された都市社会では、その多くが体験されることもなく、知られることさえないことが多い。社会がこれらの体験に価値を置いていないからである。逆に、病理と見なされるものも少なくない。それが病理と見なされ、苦痛を感じるとき、それは精神医学の対象となるが、苦痛を感じない、あるいは快楽さえ感じるような体験は、医療の対象にもならない。


(2009/2552-06-19 作成 2016/2559-11-07 更新 蛭川立