意識の諸状態

四つの意識状態

人間の意識は複数の状態をとりうる。そして複数の意識状態に対応した複数の現実 reality が存在する。たとえば、古代インドの『マーンドゥキャ・ウパニシャッド』は、人間の意識状態を四種類に分類している。

1 「覚醒」状態
2 夢のない睡眠状態
3 夢見状態
4 真の「覚醒」状態

別の意識状態に対応した別の現実があるという考えは、たとえば睡眠中の夢見状態を想定すれば理解できるだろう。もちろん、それは一種の幻覚で、この「覚醒」状態だけが唯一の「本当の現実」だと考えることもできる。しかし、意識体験は原理的に主観的なものであり、眠っていないとき、つまり、いわゆる「覚醒」状態が幻覚ではない、唯一の現実だということは、客観的な方法では確かめられない。客観性を保証してくれるであろう他者もまた、幻覚の中の登場人物ではないとは示せないからである。

古代の神秘思想、とりわけインド哲学などでは、通常の意味での「覚醒」状態ではなく、それとは別の特殊な意識状態(上記の4)こそが「本当の現実」に対応した「本当の覚醒」状態であって、いわゆる「覚醒」状態も、睡眠中の夢も、どちらも一種の「幻覚」であり、そこから醒めなければならないと考える。そして、そこに至る方法が瞑想 yoga だとされる。

変性意識状態

現代の心理学・意識研究では、どの意識状態がもっとも「覚醒」しているのかは問わないが、日常的な「覚醒」状態(上記の1)以外の意識の状態は、変性意識状態 ASC: Altered States of Consciousness と呼ばれる。

「覚醒」状態、夢見状態、夢のない眠りの三つの状態以外に、普通の人間が体験しうる特殊な意識状態としては、明晰夢 lucid dream (自覚夢、覚醒夢)がある。夢の中で「これは夢だ」と気づいている状態である。「金縛り」とも呼ばれる睡眠麻痺 sleep paralysis は、入眠期の夢であり、通常の夢よりも明晰夢に近い。

f:id:ininsui:20171030183645j:plain

意識状態の「地図」を描く試み。(ブラックモア、信原他訳(2010)『意識』145頁)

その他の変性意識状態としては、催眠状態、トランス状態、憑依、脱魂、瞑想状態、サイケデリック体験、臨死体験、エイリアン・アブダクション、その他、精神病や神経症と見なされる体験など、様々なものがある。とくに近代化された都市社会では、その多くが体験されることもなく、知られることさえないことが多い。社会がこれらの体験に価値を置いていないからである。逆に、病理と見なされるものも少なくない。それが病理と見なされ、苦痛を感じるとき、それは精神医学の対象となるが、苦痛を感じない、あるいは快楽さえ感じるような体験は、医療の対象にもならない。しかし、臨死体験や瞑想体験が、健康な人を、ある意味でより健康にすることについては、臨床的見地からも研究されなければならないだろう。(→ジェイムズ『宗教的経験の諸相』

脳の状態としての意識の状態

精神が物質世界をつくるという唯心論的な立場に立てば、異なる意識状態が異なる現実をつくるというのは、むしろ当然の考えである。いっぽう、唯物論的な立場からすれば、「本当の覚醒」状態とされる意識状態が存在すること自体は否定しないが、それもまた脳の特殊な働きであると解釈できる。たとえば、神経伝達物質であるセロトニンとよく似た構造を持つ、プシロシビン、DMT(ジメチルトリプタミン)、LSDなどの精神展開薬サイケデリックス)を摂取すると、これこそが「本当の覚醒状態」であると感じられるような、宗教的、神秘的な体験が引き起こされる。じっさい、中南米の先住民文化では、このような物質を含む薬草が儀礼的に使用されてきた。たとえば、メソアメリカの先住民族の間では、シロシビンを含むシビレタケ属の菌類がシャーマニズム的な儀礼の中で用いられてきた。

また、東~南アジアで発達した瞑想という身体技法を実践しているときの脳波を計測することで、脳の前頭葉の働きが抑制されているという研究もある[*1]。前頭葉の働きについてはまだわかっていないことが多いが、前頭葉の働きがゆるむことで、「覚醒」時には意識に昇ってこないように抑制されている無意識の情報が意識に昇ってきやすくなるという考えもある。また、側頭葉に電気刺激を加えることで、やはり神秘的な体験を引き起こすことができるという研究もある[*2]。ただし、これらの説明は、物質的な脳の働きと主観的な意識体験の間に相関関係があるということを示しているだけである。相関関係は因果関係ではない。


(西暦2009-06-19 作成 2017-11-07 更新 蛭川立