読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛭川研究室

蛭川研究室の「はてなブログ」版です

輪廻・解脱・瞑想

インド的世界観の底流に流れているのは、輪廻 saṃsāra からの解脱 mokṣa という発想であり、その基本は、西洋近代科学の唯物論 materiarism とは反対の、唯心論 spiritualism である。mokṣaは英語ではliberationと訳されたりもするが、物質的な身体は精神を閉じ込めているもので、そこから自由になるという発想がある。

さらに、瞑想によって自己をよく観察することで、それが実現される、という身体技法がセットになっているのも、インド思想の特徴である。そこが思考偏重の「頭でっかちな」西洋思想とは異なる。逆に、日本では身体技法は発達したが、論理的な哲学はあまり発達しなかった。

ヨーガ yoga とは、おおよそ「瞑想」という意味であり、またその方法論にもとづいた学派の名称でもある。ヨーガとはサンスクリット語で「止滅」「統御」を意味する。動詞形の語根√yujには、感覚や欲望に振り回される心を、あたかも暴れる馬を紐で樹につないでおくように、飼い慣らそうという意味がある。ヨーガの目的とされる究極の境地は、解脱 mokṣa、または三昧 samādhi などと呼ばれる。それは、感覚や欲望の主体であり、輪廻の主体である表面的な自我意識の働きを消し去ることを意味している。意識の働きは「小さな自己」と「大きな自己」に分けられるが、ヒンドゥー的な身体観では、身体に同一化している自己は偽りの小さな自己であって、本当の自己(ātman)は個々人の身体も時空も超越しており、そのことに気づかなければならない、と考える。

虚空のように[一切に]遍満する私には、飢えも乾きもなく、憂いも迷妄もなく、老衰も死もない。身体をもたないから
『ウパデーシャ・サーハスリー』(13・4)

ヨーガ yoga とは心の作用を止滅 nirodha することである。心の作用が止滅されてしまった時には、純粋観照者である真我は自己本来の状態にとどまることになる
『ヨーガ・スートラ』(1・2~3)

「意の働きが消え去るときに、気の動きもまた消え去る。気の働きが消え去るときに、意の働きも消え去る」「両者がはたらきを止めない限り、感官は、その対象に向かってはたらく。だから、両者のはたらきが無くなった時に、解脱の境地は成立する」
『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』(4・23、25)

ヒンドゥーの反主流派として出発した仏教は、もともと真の自己、アートマンという実体については語ろうとしなかった(無我: anātman、無記:avyākata)が、身体に同一化している小さな自己が虚構であるという点ではヒンドゥーの主流派のモデルと異なることはない。

インダス文明(西暦紀元前4000-1800年)の印章に、すでにヨーガのようなポーズをとった人物像がみられることから 、瞑想的な伝統はアーリア系民族の到来以前からあったと考えられている。ヨーガの伝統には、大きく分けて古典的なヨーガと密教的なヨーガがある。歴史的には、中世になって、 西からの新興勢力、イスラームの影響が強まる中で、ヒンドゥー教仏教ジャイナ教が、当時民間レベルで広まっていた呪術的手法(や、ひょっとすると中国医学の方法論)を取り入れつつ、そろってタントリズム密教)という新しい方法を発展させる。多少のリスクをおかしてでも、より早く解脱の境地に至れるように、身体的行為、とくに性的なエネルギーを利用して瞑想を加速させる方法が開発されていった。現在「ヨガ」と呼ばれている健康体操の原型は、中世に成立したハタ・ヨーガという密教的な瞑想法である。


(2015/2558-10-05 作成 2016/2559-11-22 更新 蛭川立