蛭川研究室

蛭川研究室の「はてなブログ」版です

人類学A 西暦2015年度

人類学Aの予定表です。授業は「生もの」です。公式のシラバスどおりに進むとは限りませんので、随時、このページを参照しておいてください。なかなか予習ができるだけの教材の準備ができないのですが、復習のほうはある程度できるよう、少しずつコンテンツを増やしていきます。

毎週の予定

日程 テーマ 内容
04/14 ガイダンス  
04/21 人類学的な視点 蛭川が人類学を研究するようになった経緯 
●「人類学者」としての蛭川の関心の所在(FAQのページ
04/28 宇宙の中の人間 宇宙的時空の中の人間
05/05 (祝日のため休講)  
05/12 親族と社会 ●概論
出自の規則
単婚と複婚
●トロブリアンド諸島民(母系+一夫多妻の例)
05/19 ●生物学的な視点から
生物学における「社会性」の概念
脊椎動物の社会
●類人猿の社会(参考:ヒト上科の配偶システム
05/26 交換としての婚姻
●オーストラリア先住民の親族構造(カリエラ型アランダ型ムルンギン型
●オーストラリアの先住民文化/アランダの人たち
親族構造の進化
06/02 象徴と儀礼 バリ島民の世界観
06/09 象徴的分類
文明社会における神話的思考
06/16 脳と宗教 ●アマゾン先住民のシャーマニズム
「茶」の文化的バリエーション
06/23 ●中米先住民のシャーマニズム
●変性意識状態の脳生理学
06/30 芸術とコスモロジー アマゾン先住民の美術
縄文文化のコスモロジー
07/07 交換と経済 オセアニア地域概説
ミクロネシア・ヤップ島の経済人類学
07/14 (※学会出張のため休講)
07/21 全体のまとめ
07/28 (期末試験)  


※この授業は、どちらかというと、人類学の専門家を育成するための授業ではありません。そういう希望を持っている人は、お手数ですが、申し出てください。個別に対応します。この授業は、むしろ、将来、専門家にならない人に対して、人類学的な思考法をお伝えするものです。詳細な知識よりも、考え方の大枠を理解してもらえれば、と思っています。この授業を聞いたあとで、やはり専門的に勉強してみたい、と思うようになった人がいれば、三年次の蛭川担当の問題分析ゼミの受講をお勧めします。

授業一覧のページに戻る

(2015/2558-04-14 作成 06-30 修正 蛭川立