蛭川研究室

蛭川研究室の「はてなブログ」版です

睡眠と覚醒のリズム

睡眠と覚醒のリズム 睡眠時にはREM睡眠とNREM睡眠のリズムがある。入眠時はまずNREM睡眠に入り、それから約90分ごとにREM睡眠とNREM睡眠を繰り返し、最後はREM睡眠から覚醒する。起きたときに見る夢はこの直前のREM睡眠の体験である。じっさいには一晩に二個…

「性」と「死」の円環

エントロピーからの逃走 生命とは複雑にからみあった有機分子が構成する精巧なシステムだ。動物だろうが植物だろうが、あらゆる生物の身体を構成する単位である細胞は、多糖とタンパク質からなる膜につつまれた微細な空間であり、その中では核酸(1)に刻まれ…

統計的仮説検定の考えかた

帰無仮説を立てる 統計的な仮説検定の手続きでは、最初に仮説を立てるのであるが「『データが偏っている』ので『二つの変数の間に関係がある』」という積極的な仮説を立てるのではなく、逆に「『二つの変数の間には関係がない』ので『データの偏りは偶然生じ…

考える葦

人間はひとくきの葦にすぎない。自然の中で最も弱いものである。だが、それは考える葦である。彼をおしつぶすために、宇宙全体が武装するには及ばない。上記や一滴の水でも彼を殺すのに十分である。だが、たとい宇宙が彼をおしつぶしても、人間は彼を殺すも…

サル目(霊長類)の系統

Order Primates 霊長目(サル目) Suborder Strepsirrhini 原猿亜目 (マダガスカルなどに生息する原始的なサル。多くが夜行性で、嗅覚が発達) Infraorder Lemuriformes キツネザル下目 Infraorder Loriformes ロリス下目 Infraorder Tarsiiformes メガネザ…

生物の分類法と人間の位置

Domain ドメイン Bacteria 細菌 Archaea 古細菌 Eucaryota 真核生物 Kingdom 界 Protista 原生生物界 Plantae 植物界 Fungi 菌界 Animalia 動物界 Class 門 Chordata 脊索動物門 (他、省略) Phylum 綱 Mixini メクラウナギ綱 Cephalaspidomorphi ヤツメウ…

ポスト・ホック解析 post hoc analysis

ポスト・ホック解析 ポスト・ホック解析 post hoc analysis(事後解析)とは、実験が終わった後にデータを解析しなおすことである。ポスト・ホック解析を、実験の後から行ったことを隠して、後から辻褄をつけようとするのは「反則」である。おもなポスト・ホ…

ヒーリングとプラセボ効果

精神の作用で(物質的な)病気が治るのか? (→アマゾン先住民シピボのシャーマニズム) 科学的な研究に意味があるのか? ア・プリオリ a priori に「ない」と決めつけることはできない。 ないと証明できれば、それでよい。 あると証明できれば、それを活用…

脊椎動物の配偶システム

父性というあやうさ 背骨を持った動物、脊椎動物には三つの進化の頂点がある。硬骨魚類と、哺乳類と、鳥類である。かつては恐竜を筆頭に陸海空の覇者だった爬虫類も、中生代末、6500万年前の、謎の大量絶滅事件以来低迷を続けている。かわって現在では、…

前頭前野の機能

前頭葉は人間の脳でとくに発達した領域であり、脳の三分の一を占める。にもかかわらず、とくに前頭前野がどのような機能を持っているかは、まだよくわかっていない。前頭葉の損傷や、かつて行われていた前頭葉切除(いわゆるロボトミー)のような人工的な措…

自殺と殺人の地域比較

自殺率と殺人率を国別にプロットしたもの[*1]殺人率と自殺率は反比例しており、殺人率の高い国(ラテンアメリカなど)と自殺率の高い国(旧ソ連など)に二極分解している。日本は後者である。ただし、県別の統計でみると、日本国内でも殺人率と自殺率に負の…

知能・パーソナリティの小進化と遺伝子・文化共進化

知能 知能を、知能検査で計測できる1次元的な指標とすると、これには、サハラ以南のアフリカ<北アフリカ〜南アジア<ヨーロッパ系<東アジア、という人種差があることが知られている。[*1]ただし、その差は、ヨーロッパを標準として100±5の程度であり、個…

精神医学における妄想と観念

妄想と観念 「妄想」とは、事実とは異なることを信じてしまうことである。これに対し、精神医学でいう「観念」、とくに「強迫観念」とは、事実とは異なっているとわかっていても、どうしても気になってしまう状態のことである。いずれも程度の差こそあれ、健…

Powers of TenとCosmic Calendar

Powers of Ten (パワーズ・オブ・テン) 日本語字幕 イームズ、C.・イームズ, R. (1977)『Powers of Ten』 Carl Sagan - The Cosmic Calendar [Cosmos] セーガン, C.「The Cosmic Calendar」(1980)『COSMOS』 (2017-04-13 作成 蛭川立)

人類学という視点

人類学の背景 人類学 anthropology は、人間を研究する学問である。しかし、そう定義しただけでは、人文・社会科学のすべてが「人類学」になってしまう。人類学という領域設定の背後には、ヨーロッパの創造論的世界観における、鉱物、植物、動物、人間、(そ…

「虫の知らせ」

遠く離れた場所にいる人からの「知らせ」があったり、その人の姿が見えたような気がするという現象は、まれではあるが多くの人が体験している。その中では、親族の死や危機というテーマがとくに多く出てくる。(以下は、明治大学の西暦2004年度の学生のレポ…

「理系」と「文系」の区別は妥当か

大学入試の各科目の点数から、どの科目の得点が互いに相関するかを知ることができる。 1980〜1985年度の、名古屋大学教育学部の入試科目の得点の因子分析[*1] やや古い資料ではあるが、おおまかに見ると、第一の因子には、英語、数学、国語、そして弱いなが…

体調が悪いそうですが、なにか病気なのですか?

繰り返しやってくる眠気と倦怠感に悩まされています。具合が悪いときには十時間でも二十時間でも眠り続けてしまい、起き上がって歩くのもままならないことが多々あります。こうなると、生活や仕事に支障が出ます。「特発性過眠症」と診断されていますが、よ…

「テレパシー」と「共時性」

「虫の知らせ」 沖縄には、女のほうが男よりも強い霊力をもっていて、男を霊的に庇護するという観念がある。とくに、姉妹と男の兄弟との間には、特別な霊的な絆があると考えられてきた。琉球王国の神女組織の長であった聞得大君(きこえおおぎみ)は、ふつう…

問題解決ゼミナール 西暦2017年度

春学期 各人の就職活動の状況によって柔軟に運営します。 04月12日 顔合わせ 04月19日 今後の展望など 04月26日 (休講) 05月03日 (休日) 05月10日 (休講の予定) 05月17日 (未定) 05月24日 (未定) 05月31日 (未定) 06月07日 (未定) 06月14日 (…

問題分析ゼミナール 西暦2017年度

春学期 春学期は『彼岸の時間』をテキストにします。 04月12日 (導入) 04月19日 01章 井上 04月26日 (休講) 05月03日 (休日) 05月10日 02章 平井 05月17日 03章 井上 05月24日 04章 平井 05月31日 05章 井上 06月07日 06章 平井 06月14日 07章 井上 06…

問題発見テーマ演習 西暦2017年度

西暦2017年度 問題発見テーマ演習 04月13日 (導入) 04月20日 彼岸01章 佐藤 04月27日 彼岸02章 橋本 05月04日 (休日) 05月11日 彼岸03章 イム 05月18日 彼岸04章 田村 05月25日 彼岸05章 06月01日 彼岸06章 06月08日 彼岸07章 06月15日 彼岸08章 06月22…

蛭川研究室コンテンツ目次

完成度がある程度以上のコンテンツ 草稿・下書き (2017-05-03 作成 蛭川立)

蛭川担当の講義を受講する諸君へ(西暦2017年度)

講義はライブである。とくに今年度は新しいカリキュラムの初年度でもあり、必ずしもシラバスの予定どおりには進まないかもしれない。また内容も多少変更する可能性がある。講義計画は実際の授業の進行に合わせて随時アップデートしていく予定であり、授業情…

外部サイトへのリンクについて

はてなキーワード 「はてなブログ」上にテキストをアップすると、特定の語句には、はてな独自のオンライン事典である「はてなキーワード」に自動的にリンクが張られます。デザインにもよりますが、その語句にはアンダーラインが引かれます。記事を書くと自動…

記事の信頼性について

このブログにアップしているテキストは、基本的に大学での講義用ノートです。不完全な部分はありますが、講義で、注釈を口述して補います。自分の専門分野について書いているとはいえ、内容が百パーセント正しいということはありません。そもそも、およそ書…

スプーン曲げと「指曲げ」とー何が「超常現象」なのか?

スプーン曲げ騒動 (詳細は、NHK科学・環境番組部(2013)『ザ・プレミアム 超常現象(1)秘められた未知のパワーー超能力ー』を参照) 目の前で唐突にスプーンを曲げられて呆然、視線が宙に浮いている蛭川。2014年、ロンドン郊外のユリ・ゲラー Uri Geller …

西暦2017年度蛭川担当科目

曜日・時限 春学期 秋学期 教室 火曜・2限 情報コミュニケーション入門B 学部・和泉校舎210教室 火曜・3限 情報コミュニケーション入門B 学部・和泉校舎211教室 火曜・4限 不思議現象の心理学 身体と意識 学部・駿河台校舎1012教室 水曜・2限 専門演習…

情報コミュニケーション入門B(西暦2017年度)

石川幹人・蛭川立の2人で「超常現象を信じる心について」と題して対談形式の授業を行います。春学期は06月20日(火曜)3限・和泉校舎211教室 秋学期は11月28日(火曜)2限・和泉校舎210教室ということで、春学期と秋学期で時間と教室が異なります。内容の…

睡眠という不思議

下記のような症状が大流行している。 ほぼ毎日のように意識を喪失し、短い場合でも3時間程度、長い場合には10時間以上にわたって繰り返し幻覚状態に陥った後、何事もなかったように意識を回復する。幻覚の内容には著しく不快なものがあるが、意識回復後、す…