蛭川研究室ブログ旧館

蛭川研究室ブログ旧館について

こちらは蛭川研究室ブログ旧館のトップページです。このブログには、おおよそ西暦2018年度までに集積してきた研究教育用のコンテンツが置かれています。

私事ではありますが、2007年ごろから徐々に持病の過眠症が悪化し、2017年度の入院、2018年度の病気休職に向かう状況の中で執筆したものが大部分であり、内容が混乱しているものも少なくありません。

蛭川研究室ブログ新館について

2018年度の病気休職を機会に、この混乱を収拾すべく、同じはてなブログの別のアカウントに、蛭川研究室ブログの新館を新設しました。トップページはこちらです。

2017年度以前の研究教育用コンテンツの大部分はすぐに消去せず、このブログ上に残してありますが、加筆修正して蛭川研究室ブログ新館・研究教育用資料集に移転しつつあります。2019年度以降の授業情報も新館の授業情報のページに載せていきます。

研究メモとして

しかしながら、この旧館のブログは、削除せず、どちらかというと私的な覚書や断片的な随想の置き場として使っていく予定です。

とくに2018年度の一年間は、通常の研究活動を休んで、病気の検査と治療に専念してきました。残念ながら病気の原因は不明のままで完治させるには至りませんでしたが、試行錯誤を重ねる中で、対症療法として有効な薬を見つけることができました。

研究活動の休止を余儀なくされるいっぽうで、精神医学や睡眠医学についての知識は飛躍的に増大しました。とりわけ印象的だったのは、精神医学が、いままで思い描いていたものよりもずっと生物学的な体系だということでした。行動遺伝学から始めて民族薬理学のような方向へと彷徨してきた自らの関心領域を再度体系的に振り返る良い機会となりました。

この旧館のブログでは当面、医療の現場から研究の現場へと戻ってきて、改めて考えたことを、すこしずつ書き留めていこうと思っています。
 


2019/03/03 作成
2019/03/22 JST 最終更新
蛭川立

| 蛭川研究室トップに戻る | お問い合わせはhirukawa(半角アットマーク)meiji.ac.jpまで |